タイ ベトナム インドネシア 撮影許可 コーディネーション - Asia Production Service Co.,Ltd

コンテンツ一覧Home

はじめに・・・

70年代初頭から東南アジアに関わり振りかえる間もなく、いつの間にか35年を越える歳月が流れていた。
それは時折、目覚めた自分が今何処にいるのかわからず一瞬戸惑うほど毎日アジアの何処かを駆け回っているというかたちで続いた。
その間、募るアジアへの想いとは裏腹に激動のアジアに飲み込まれ、殺伐たる現場を幾度となく潜り抜けてきた。
荒む心と耐え難い挫折感との葛藤の中、何時も私を癒し、励まし、勇気づけてくれたのはアジアの各地で出会う子供たちの爽やかな笑顔と澄み切った瞳だった。

やがてそれが私の旅の大きな楽しみとなり、何時の頃からか彼らの瞬間を撮るようになっていた。
こうした彼らとの出会いの中で撮った写真が、日々の仕事に追われ整理もつかぬままいつの間にかダンボール箱一杯になっていた。

或る日、それを見た同じ映像制作に携る弟が「他の人が行けない時代、行けない処で撮った写真なのだから機会があれば発表すればよい」と薦めてくれた。
しかし、私はプロの写真家でもなく、また保管状態もよくなかったことから写真自体劣化褪色したものもあるので、おこがましいとの思いでそのままにしていた。

ところが発表を薦めてくれた弟に先に逝かれてしまった。
その弟の想いと旅先で常に私を勇気づけ楽しませてくれた子供たちへの感謝の気持ちからこのたび「アジアの子供たち」の写真集として発表させていただくことにした。

写真と文 面高 昌男(APS)